時効の成立とは借金に関する専門用語ですが必ず覚えておきましょう。
■□■□■□■

時効の成立

■□■□■□■

過払い請求相談/浮気調査 探偵
/過払い請求計算
▼▲参考Link▼▲

減額報酬・着手金なし!
全国対応OKで評判がいい司法書士さんです。弁護士さんに依頼するよりもかなり安くあがります
↓↓↓↓↓↓↓
アヴァンス



■時効の成立■
お金を借りても一定期間返済をしなければ時効になり支払義務がなくなります。
通常のサラ金、信販、銀行などの業者の貸金債権は5年で消滅時効です。
友人や知人、親など個人からの借り入れの場合は10年で消滅時効です。

■時効の成立注意点■
時効は通常の貸金業者であれば5年で成立します。 しかし、ただ5年過ぎただけでは時効は成立しません。 時効が成立するには内容証明郵便(配達証明付)で時効の援用通知書を業者に送る必要があります。単に5年ないし10年経過しただけでは借金の支払義務はなくなりませんので注意が必要です。

↓↓↓↓↓↓
杉山法律事務所
週間ダイヤモンド誌にて消費者金融が恐れる司法書士日本一に選ばれました!
ちょっと面倒な案件もフツーの債務整理も楽に解決してくれる関西で有名な司法書士

Copyright(C)
債務整理相談